【雪道にはコレ!】青森の雪道を歩くにはこれがおすすめ!



青森の雪は、雪かきや除雪車で雪を片付けても膝の所まで積もる場合があります。そのため冬の期間は雪の上を歩いて移動をします。今持っている靴だと雪の水が靴に染み込んで足が冷たくなります。雪国を経験した自分だからこそ、雪道に適した靴をご紹介いたします。

みなさん、こんにちわ!こんばんわ!青森ブロガーのきーと(@aokurashi)です。

今回ですけども、青森県の雪は地域によっては100cmを超える雪が積もり、雪かきや、除雪車が入っても完全に雪が取り除くことはできず、道路や道端には必ず雪が残っています。
そのため、雪の上を歩くのが当たり前になります。

しかし、雪の上を歩くのは、青森に住んでいても非常に辛いです。
靴は雪の水で濡れ、足先は冷たくなり、雪の上は滑るため、すぐそこまで歩くにも大変です。

今回はこの雪の上を歩いても最適な靴をご紹介いたします。



■【最強】雪の侵入を防ぐのはやっぱりこの靴

雪の上を歩く上で重要なのは、「防水性」です。この防水性がしっかりしていないと、雪が溶けて水になるために靴が水を吸い濡れた靴で歩いたりすることになります。

このような状態になると、長時間の歩行が困難になり、足先が冷たくなったりなど、
これでは青森の冬を乗り越えることはできません。

この防水性に特化し、雪の時期に履くことをおすすめしているのは、「長靴」です。

長靴は主にゴムで作られており、高さがあるために、空から降ってくる雪や積もっている雪の上を歩くのに適しています。
なので、雪かきや水の上を歩く必要がある場合は長靴を履くことをおすすめします。

長靴は防水性に特化していますが、デザイン性にはあまり特化しておりません。
機能重視となっているために、この長靴を履いてデートをしたりするのはおすすめしていません。
また、素材はゴムでできていますが、ゴムを薄くして軽量化している長靴が多いため足先が冷たくなりやすいので長時間の着用はオススメしていません。

長靴を着用する場合は、外で作業をする時に着用するようにしましょう。

メリット 防水性に優れ、濡れにくい
雪の侵入を防ぎ、靴の内側から濡れにくい
軽くて歩きやすい
滑りにくい
デメリット デザイン性に乏しい
足先が冷たくなりやすい



■オシャレは我慢!たけど、少しでも雪から足を守りたい!

男性のみなさんは、雪が降っていても、雪が積もっていても、大切な人や気になる人とのデートはもちろんありますよね。その時に履いていく靴はどうしていますか?

せっかくオシャレな服を着用しても、靴がデザイン性がない長靴だったら、せっかくなデートが台無しになる場合があります。

このように、雪の上を歩く必要があるが、オシャレな服装にデザイン性に特化した靴を履きたい場合は、「ハイカットスニーカー」か「ブーツ」を選ぶようにしましょう。

雪の上のスニーカーの場合

スニーカーは、「ローカット」「ミッドカット」「ハイカット」の種類があり、くるぶしよりも高い位置まで履きぐちある「ハイカット」を選びましょう。
これにより、ある程度の雪の侵入を防ぐ事ができ、足先が冷たくなりにくいでしょう。

雪の上のブーツの場合

ブーツの場合もくるぶしよりも高い位置まであるものを選ぶようにしてください。
また、ブーツを選ぶ場合、素材をしっかり確認してください。
革であれば、多少防水性に優れています。

しかし、ブーツの場合は重さもあるため、歩くのは問題ないですが、長時間履いて歩くと、足腰に負担がかかり、疲れが溜まるでしょう。

メリット デザイン性に優れている
デメリット 滑りやすく、歩きづらい
濡れやすいため靴の耐久性が落ちる



■女子必見!オシャレかつ雪の上を歩くにはこれがおすすめ!

雪道の女子のファッションは困りますよね!
ヒールを履くと、雪がすぐ入って足が濡れてしまうため、雪道のヒールは絶対にやめたほうがいいです。
では、冬の時期何を履いたらいいのか。それは。「ブーツ」と「ムートン」がおすすめです。

雪の上のムートンブーツについて

足の暖かさを重視するなら、保温性に優れているムートンのブーツがおすすめです。
多くの女性はこのムートンブーツを履いていると思います。
しかし、ムートンブーツは水に弱く、ブーツの破れやすくなるデメリットがあります。
外に出る前にブーツに対して、撥水スプレーをかけるといった準備をしてから出かけるようにしてください。

■子供の安全を守りたい!だったらこれがおすすめ!

多くの小学性での通学は基本的には徒歩になります。もちろん、雪が積もっている上を歩き通学や、雪が積もって雨が降ったりなどすると、シャーベット状になったり、氷道になったりなど、歩くだけでも十分危険が伴います。

一番怖いのは、子供が滑ってケガをするのが、嫌ですよね。
ですからなるべく子供が滑らないような靴を履かせるのがいいでしょう。

おすすめなのが、靴の裏に金属のスパイクが付いているのがいいでしょう。
このスパイクによって、すべりにくくなるため、子供に履かせるにはおすすめです。

■まとめ

青森県での雪道で履く靴を選ぶコツは、目的に応じて靴を履くのがいいでしょう。
作業をするなら、長靴。デートや遊びに行く場合は、ブーツ等。

足を冷たくしないようにするには、靴も重要ですが、歩く所も重要です。
きちんと雪かきをされた所を歩いたり、人が歩いた所の跡を歩いたりなどすることにより、
足元を余り濡らさずに、移動をする事にできます。