【100回記念!弘前さくらまつり】記念すべき節目の桜満開時期はこの日!今年は参加する価値あり!



みなさん、こんにちわ!こんばんわ!青森ブロガーのきーと(@aokurashi)です。

今回ですけども、いよいよ春の季節がきました!
弘前では世界に誇れる桜祭りの時期がやってきました!今回はこの桜祭りについて説明して行きたいと思います!

■弘前桜祭りとは

青森県弘前市の最大イベントがこの弘前さくらまつりです。
弘前駅から市営バスで約15分の所に、弘前城を中心として約50種2,500本の桜が咲き誇ります。
世界最古のソメイヨシノや世界最大の桜もあり、広大の敷地に咲き誇る桜は圧巻です。
また、夜桜ではライトアップされた桜を見ることができ、風が無い場合は水に反射し、「逆さ桜」や「桜の絨毯」が見ることができます。
多くの観光客が訪れ、インスタスポットとしても有名なイベントとなっています。

2020年は記念すべき第100回のさくらまつりとなるため、多くの記念品や露店が出店するのが予想されますので、ぜひ今年は弘前さくらまつりに参加するのがおすすめします。

※2020年3月下旬時点では、新型コロナウィルスによるイベントの自粛になるかもしれませんので、参加する場合は公式ホームページをご確認ください。

■弘前市の桜満開時期は?

記念すべき第100回のさくらまつりに参加するなら桜が満開の時に行きたいですよね。
なかなか、満開時に参加するのは難しいのですが、過去の例を参考に予想できますので、ぜひ参考にしてみてください。

開催時期 さくらまつり開催日 ソメイヨシノ開花日 ソメイヨシノ満開期間
2019年 4月20日~5月6日 4月19日 4月24日~30日
2018年 4月21日~5月6日 4月20日 4月22日~25日
2017年 4月22日~5月7日 4月18日 4月25日~27日
2016年 4月23日~5月7日 4月16日 4月22日~26日

過去の例から見ると、さくらまつり期間はGWまでやっていますが、満開の桜を見たいのであればGW前に行くことをおすすめします。
また、満開時期を考慮すると4月24日~4月26日が満開時期になるのが多いです。
しかし、今年は暖冬でしたので桜の満開時期は早まるでしょう。4月20日~25日が弘前公園の桜が満開になるのが予想されます。
この期間に行くのがオススメします。
今後の気象状況にもよって開花の時期が早まったり、遅くなったりしますので情報をこまめに確認しておきましょう。

■弘前さくらまつりの開催時期は?

令和2年(2020年)の弘前さくらまつりは4/23~5/6で予定されています。
しかしながら、新型コロナウィルスでの影響もあり大規模なイベントは延期か中止になっています。
もし、このまま新型コロナウィルスでイベントの自粛になった場合さくらまつりのイベントは、延期にはできませんので、中止になるでしょう。中止となれば初めてのイベント中止になります。

■まとめ

新型コロナウィルスの影響と、2020年3月25日に青森県で初の感染者が見つかったことにより、100回記念の桜祭りは中止になるかと思います。桜祭り期間中は県外から100万人も観光に来ますので大型イベントになります。
弘前さくらまつり以外でも青森県内のイベントは中止と延期となっています。

しかし、ワクチンも開発されていますので開催はできる可能性もまだあります。入場制限する方法もあります。
さくらまつりが近くなると最寄りのホテルは埋まってしまいますので、早めに予約を取ることをおすすめします!
キャンセルは3日前に連絡するとキャンセル料がかからない場合が多いので今のうちに予約するのがいいでしょう。

  • 2020年の弘前さくら祭りは100回記念
  • 世界最古のソメイヨシノが見ることができる
  • 満開の桜を堪能したい場合はGW前に行くのがおすすめ
  • 露店の数は日本一!地元でしか食べれないものも手軽に食べられる
  • 新型コロナウィルスの影響で中止になるかもしれない